おすすめの贈り物

17年05月23日

今まで世話になった人が、定年になったり、結婚したりするなど、おめでたい理由で退職する場合に、これから始まる第2の人生が幸福なものとなることを願う気持ちを込めて贈るのが退職祝いです。退職祝いは、これまでの感謝や労いの思いを込め、送別会などで、言葉とともに花束を渡すケースが多く見受けられます。ただし、退職の理由がおめでたいものでない場合、お祝いをするのは失礼にあたるので、注意する必要があります。

お祝いに贈る胡蝶蘭としては、3本立て・5本立てのものが人気を呼んでいます。ちなみに、「4」、「9」という数字は、「死」、「苦」という意味を連想させることから縁起が悪いので、4本立て、9本立ての胡蝶蘭は販売されていません。退職祝いに胡蝶蘭を贈る場合、価格の相場というものが存在するので、あらかじめチェックしておくことが大切です。ただし、個人から贈るのか、セクションなどのグループから贈るのかなどの条件により、相場には多少の違いがあります。例えば、社内の退職者に対してお祝いを贈る場合、グループ単位で贈り物をするケースが多く見受けられます。そのように、用途にマッチしたおすすめの商品を取り揃えているショップが存在するので、チェックしてみると良いでしょう。