行動を起こす時期など

17年05月25日

退職祝いを贈るにあたっては、贈り物をする時期にも気を配ることが大切です。例えば、送別会などに参加するのであれば、会場で感謝の言葉とともに直接手渡しすると、良い印象を与えることができます。また、社内の退職者などに贈る時期は、退職日の前日までが良いですが、あまりにも早すぎると失礼にあたるので、気をつける必要があります。そして、退職した後から知らせを受けて、お祝いを贈る場合には、なるべく早くアクションを起こすことをおすすめします。その際には、知らなかったのでしかたがないとは言うものの、お祝いが遅くなったことに対するお詫びの言葉を添えておくと、良い印象を持ってもらえます。

次に、退職祝いの品物としては、花や観葉植物が定番となっていますが、その他に、お酒や相手の趣味に合った物を選択するケースが多く見受けられます。また、退職した後の雇用先や就職先が決まっている場合、ビジネス用品を贈るという選択肢もあります。格式にこだわるよりも、相手の好きなものや趣味に合ったものを贈った方が、感謝の気持ちが伝わりやすくなります。

また、退職祝いの定番となっているフラワーギフトは、育てるのが楽しいというアドバンテージがあります。